コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朱印状 しゅいんじょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

朱印状
しゅいんじょう

花押の代りに朱印を押した文書。戦国時代以降,武将が発給した文書に印章を用いるものが多くなったが,朱印を押したものを朱印状という。これによって領地を給付された地を朱印地,海外渡航を許可された船を朱印船 (→朱印船貿易 ) と呼んだ。江戸時代には将軍のみが発給した。 (→黒印状 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

朱印状【しゅいんじょう】

朱印を押して発給された戦国期および江戸時代の武家文書。印判(いんぱん)状の一種。使用例は戦国期の東国大名に多い。朱印は花押(かおう)(書判)より薄礼であったため民政文書に使用されたが,織田信長は重要文書にも朱印状を用いた。
→関連項目安堵状感状寛文印知公家領朱印地・黒印地知行知行宛行状

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しゅいんじょう【朱印状】

朱印判をもって発給した戦国時代および江戸時代の古文書。武家が印判を発給文書に用いるようになったのは駿河守護今川氏親からであり,幼年のため花押に代行したものであった。しかしそれ以来小田原北条氏,甲斐武田氏,房総里見氏,越後上杉氏など主として関東の戦国大名の間で,個性的にしかも相互に影響を与えつつ,形態や使用法が発展した。これらの印判は主として朱印か黒印かであるが,戦国大名の家の権威を象徴する印判はおおむね朱印判であった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しゅいんじょう【朱印状】

戦国大名や江戸時代の将軍が、花押かおうの代わりに朱印を押して発行した公的文書。朱印。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

朱印状
しゅいんじょう

戦国期~江戸期の武家文書の一形式。手印状、朱印ともいう。古くは禅僧の発給文書に朱印を用いたものがあるが、戦国期には、東国地方を中心に各地の大名が花押(かおう)にかわり印章を捺(お)した印判状をもって政務・軍事などの命令をすることが多くなった。そのうち朱印を使用した公式文書が朱印状で、今川氏の「如律令(にょりつりょう)」印、後北条(ごほうじょう)氏の「虎」の印判、武田氏の「龍」朱印、織田信長の「天下布武(てんかふぶ)」印、上杉氏の「立願勝軍地蔵摩利支天飯縄明神(りつがんしょうぐんじぞうまりしてんいいづなみょうじん)」印などが有名である。この形態は近世まで継承され、将軍による所領安堵(あんど)や海外渡航許可などの際に用いられた。近世末期になると、印章の色にかかわらず将軍の発給した印判状を朱印というようになった。[大久保俊昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の朱印状の言及

【安堵】より

…なお中世武家権力を主従制的・統治権的支配の二元性においてとらえる学説が有力であり,少なくとも初期室町幕府では,安堵は足利直義の管轄した統治権的支配の中核であったが,安堵が本来そのような性格のものであったかどうかは,なお未解決な問題といえよう。【笠松 宏至】
[近世]
 江戸時代には主君から給与された所領知行は一代限りという原則のもとに,相続は許可制をとり,将軍代替りの際には判物(はんもつ)あるいは朱印状によって継目安堵が行われ,大名よりは判物や黒印状をもって行われた。朱印状によって安堵された所領は総称して朱印地というが,大名領が領分,旗本領が知行所と呼ばれるのに対し,狭義には寺社領のみを指す。…

【異国御朱印帳】より

…近世初頭,江戸幕府が南洋諸地域に渡航する日本船に貿易統制のために発給した朱印状の控帳。原本は以心崇伝の手写になり,京都南禅寺金地院蔵。…

【寛文印知】より

…江戸幕府の4代将軍徳川家綱の領知判物(はんもつ)・朱印状が1664年(寛文4)諸大名に,翌65年公家・寺社に一斉に発給されたことをいう。家康・秀忠・家光3代にわたり区々に発給されていたものが統一的・同時に発給され,大名領知権が将軍の全国的支配権に完全に包含されたことで,将軍権力の強化・確立をもたらしたといえる。…

【公家領】より

…ちなみに江戸中期の宮・公家(106家)の総高は4万6600石となっている。家領の大小は,家格の高下,家々の新古,幕府との密接度によって決定され,領知状における判物・朱印状の区別は,諸大名の場合には一応10万石以上が判物,以下が朱印状であったのに対し,公家の場合は家格・官位によって区別があり,清華・大臣家以上および従一位には判物,それ以下には朱印状をもって発給された。また家領のほか,1634年(寛永11)以降には未家督者に対し〈方領(ほうりよう)〉が支給されたが,これは200石より50石までで一定していない。…

※「朱印状」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

朱印状の関連キーワードソート=マヨールヤン・ヨーステン木屋弥三右衛門クアケルナック大黒屋助左衛門異国御朱印帳橋本十左衛門尼崎又次郎セーリスコックス外蕃通書検地条目ゴンサロ朱印寺社角倉了以末次平蔵奉書船朱印高末吉船末次船

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

朱印状の関連情報