コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソーマ銀 ソーマぎん Soma

翻訳|Soma

1件 の用語解説(ソーマ銀の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ソーマぎん【ソーマ銀 Soma】

17世紀初頭,日本から大量にイギリスオランダへ輸出された上質の銀をいう。この銀は灰吹銀,無判錠銀である。ソーマの語源は〈佐摩〉で,石見銀山地方の呼称である佐摩郷から出たものといわれる。この銀はいわば地銀で,江戸幕府は1601年(慶長6)銀座を設立し,地銀を集めて貨幣としての丁銀や豆板銀(含銀率80%)を発行し,輸出銀もこれに切り替えるようにつとめた。しかし地銀の輸出はなお続き,21年(元和7)ごろまでは輸出の主体をなしていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ソーマ銀の関連キーワードイギリス経験論イギリス東インド会社イギリス放送協会イギリス連邦東インド会社イギリスオランダ戦争イギリスビルマ戦争イギリス巻イギリス組曲イギリス鞍 (English saddle)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone