ゾルマ(読み)ぞるま(英語表記)Agnes Sorma

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゾルマ
ぞるま
Agnes Sorma
(1865―1927)

ドイツの女優。本名はツァレンバZaremba。生地ブレスラウでデビューし、1883年ベルリンに出、ドイツ座、ベルリン劇場に出演。ふたたびブラーム、ラインハルト時代のドイツ座の名花として活躍、多くの外国客演も行った。自然主義時代の自然らしい演技を体現しながら、一方、古典劇では感情を集中した情熱的な演技を示した。持ち役は、『ハムレット』のオフェーリア、『ベニスの商人』のポーシャ、『人形の家』のノラ、『沈鐘』の水の精ラウテンデラインなど。アメリカで没した。[岩淵達治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android