コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゾングルダク Zonguldak

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゾングルダク
Zonguldak

トルコ北西部,黒海に面する港湾都市。同名県の県都。町は 19世紀中期にこの付近で大量の石炭が発見されてから,急速に発展した。労働人口の約 80%は石炭産業とその関連産業に従事している。化学プラント,コークス製造工業がある。人口 11万 6725 (1990) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ゾングルダク【Zonguldak】

トルコのアナトリア北西部,黒海に面する港湾・鉱業都市で,石炭積出港として有名。人口11万6000(1994),都市域人口43万1000(1994)。同名県の県都。付近にはトルコ最大(年産約800万t)の炭田があり,良質の粘結炭を産出する。南東約70kmのカラビュクでは鉄鉱石を産し,ゾングルダク炭田の石炭を利用したトルコ最大の製鉄所エレーリEreğli(ゾングルダクの西約30km。人口5万)にある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゾングルダク
ぞんぐるだく
Zonguldak

トルコの小アジア半島北西部、黒海に臨む港湾都市。ゾングルダク県の県都。人口10万4276(2000)。付近にトルコ最大の炭田があり、良質の粘結炭を産出し、港湾、鉄道によってトルコ各地へ積み出される。その一部は西35キロメートルの港町エレーリ、南東75キロメートルの鉄鉱産地の町カラビュクに送られ、県下のこの両地の鉄鋼業を支えている。[末尾至行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ゾングルダクの関連キーワードサフランボルチャンクルシノプ

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android