コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゾングルダク ゾングルダクZonguldak

3件 の用語解説(ゾングルダクの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゾングルダク
ゾングルダク
Zonguldak

トルコ北西部,黒海に面する港湾都市。同名県の県都。町は 19世紀中期にこの付近で大量の石炭が発見されてから,急速に発展した。労働人口の約 80%は石炭産業とその関連産業に従事している。化学プラントコークス製造工業がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ゾングルダク【Zonguldak】

トルコのアナトリア北西部,黒海に面する港湾・鉱業都市で,石炭積出港として有名。人口11万6000(1994),都市域人口43万1000(1994)。同名県の県都。付近にはトルコ最大(年産約800万t)の炭田があり,良質の粘結炭を産出する。南東約70kmのカラビュクでは鉄鉱石を産し,ゾングルダク炭田の石炭を利用したトルコ最大の製鉄所がエレーリEreğli(ゾングルダクの西約30km。人口5万)にある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゾングルダク
ぞんぐるだく
Zonguldak

トルコの小アジア半島北西部、黒海に臨む港湾都市。ゾングルダク県の県都。人口10万4276(2000)。付近にトルコ最大の炭田があり、良質の粘結炭を産出し、港湾、鉄道によってトルコ各地へ積み出される。その一部は西35キロメートルの港町エレーリ、南東75キロメートルの鉄鉱産地の町カラビュクに送られ、県下のこの両地の鉄鋼業を支えている。[末尾至行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ゾングルダクの関連情報