コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タイチュート Taičī`üd

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タイチュート
Taičī`üd

チンギス・ハンのキヤン族とともに有力であったモンゴル部の構成氏族。チンギス・ハンの父イェスゲイ (也速該) 没後,その強勢によってモンゴル部の諸氏族を支配,幼少のチンギス・ハンを圧迫し捕えた。チンギス・ハンは長じると,まずこの敵の打倒を企て,いわゆる「十三翼の戦い」では敗れたが,「コイテンの戦い」でこれを討滅。以後タイチュートは回復せず,チンギス・ハンはモンゴル部内の覇権を確立した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

タイチュートの関連キーワードチンギス・ハン(成吉思汗)ハブル・ハン(合不勒汗)ワン・ハン(王罕)チラウン(赤老温)

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android