タイミンチク(読み)たいみんちく

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タイミンチク
たいみんちく / 大明竹
[学]Pleioblastus gramineus (Bean) Nakai

イネ科のタケササ類。ツウシチク(通糸竹)ともいう。稈(かん)が多数集まって大きな株立ちになること、また稈の大きさや各部の形態はカンザンチクにきわめてよく似るが、カンザンチクは葉が堅くて立つのに対し、本種はそれより柔らかく、先が垂れ、いくらかねじれる傾向があるので、一見して区別できる。沖縄原産で、関東地方以西の本州から沖縄でよく栽培されている。[鈴木貞雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android