コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アケビ アケビ Akebia quinata

6件 の用語解説(アケビの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アケビ
アケビ
Akebia quinata

アケビ科のつる性の落葉低木で,山野に普通に生える。葉は5小葉から成る掌状複葉で長い葉柄があり,小葉は長楕円形で先端はへこむ。4月頃,垂れ下がった総状花序をつけ,花には淡紫色の萼が3枚あり花弁を欠く。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

アケビ

アケビ科の落葉性の木性つる植物。本州〜九州,東アジアに分布,山野にはえる。葉は柄が長く,掌状複葉で5個の長楕円形の小葉からなる。4〜5月に,総状花序に淡紫色の花がたれ下がって咲く。
→関連項目繊維作物ムベ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

アケビ

 [Akebia quinata], [A. trifoliata].山谷に自生するキンポウゲアケビ科アケビ属のつる性落葉低木.果実は甘く,食用にする.また新芽も食用になる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

食の医学館の解説

あけび【アケビ】

《栄養と働き&調理のポイント
 アケビは山野に自生する半常緑樹の蔓性(つるせい)植物で、秋には果実が熟してぱっくりと縦に口を開けることから、「開け実」の意で名付けられました。熟した果実は甘く、アケビの仲間のムベが乾燥果実として平安時代の書物『延喜式(えんぎしき)』にも記載されています。
○栄養成分としての働き
 果実にはビタミンCのほか利尿効果のあるアケビンやカリウムなどが含まれており、アケビ酒は利尿のほか腎炎(じんえん)や膀胱炎(ぼうこうえん)に効果があるといわれています。
○漢方的な働き
 しかし、薬効成分が高いのは蔓性木部で、細切りし乾燥させたものを漢方で「木通(もくつう)」と呼び、生薬として用いられています。「木通」にはアケビアサポニン、カリウム塩が含まれ、これを煎(せん)じて飲むと利尿、消炎、腎炎、膀胱炎、むくみ、淋病(りんびょう)に効果があるといわれています。
○注意すべきこと
 中国で「木通」として用いられることもある「関木通」は、キダチウマノスズクサを原料とし、これには腎障害を引き起こすアリストロキア酸が含まれています。尿にたんぱくが検出されるほか、尿酸やリンが排出されるのが特徴的な症状です。日本で承認許可されているものは安心です。
 日本の市場には流通していませんが、個人輸入などで漢方薬を使っている方は注意が必要です。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。食品は薬品ではありません。病気にかかったら、かならず医師の診察を受けてください。

世界大百科事典 第2版の解説

アケビ【akebi】

山野に普通な,大きな果実をつけるアケビ科の落葉つる性木本(イラスト)。ゴザイカズラネコンクソモクトンなど地方ごとに多くの異名がある。 雌雄同株。葉は互生し,掌状複葉。小葉は5枚で楕円形,全縁。春たれさがった総状花序に淡紫色の花をつける。雌花は雄花に比べて一段と大きい。花被は3枚,雄花では6本の肉質のおしべと6本の退化しためしべがある。雌花では退化したおしべと6~9本のめしべがある。果実は大きく成熟し,裂開する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アケビ
あけび / 通草・木通
[学]Akebia quinata (Houtt.) Decne.

アケビ科の落葉藤本(とうほん)。葉は互生し掌状複葉、小葉は5枚。春、総状花序に淡紫色の花をつける。花序の先のほうには雄花、基部には雌花がつく。花被(かひ)は3枚。雄花には6本の肉質の雄しべと、退化した心皮があり、雌花には6~9枚の心皮があり、雄しべは退化して小さくなっている。心皮は熟すと大きな液果になる。液果は楕円(だえん)形ないし長楕円形で長さ6~8センチメートル、果柄の先に1個ないし数個つき淡紫色で、晩秋に熟すると肉質で厚い果壁は縦に裂ける。アケビの名は「実が開(あ)く」ということからきている。液果の中には黒い種子がたくさんある。種子を取り囲んでいる半透明の果肉は甘くて食用となる。本州、四国、九州の山野に普通にみられ、朝鮮、中国にも生育する。
 アケビにはネコンクソ、ゴザイカズラその他、地方ごとに多くの異名がある。アケビ属には数種があり、日本、朝鮮、中国、台湾に分布する。日本にはアケビ以外に、花が紫色で小葉は3枚のミツバアケビ、小葉は5枚で花がミツバアケビに似るゴヨウアケビA. pentaphylla Makinoが生育する。ミツバアケビの枝は細工物の材料となる。[寺林 進]

薬用

漢方では本種とミツバアケビのつるになる茎を木通(もくつう)、通草(つうそう)と称して利尿、鎮痛、通経剤として関節痛、浮腫(ふしゅ)、膀胱(ぼうこう)結石、月経不順の治療に用いる。春に伸びたつるの先を30センチメートルほどとって山菜として用いるとたいへん美味であり、また、体にもよい。中国では木通はキダチウマノスズクサHocquartia manshuriensis Nakai(ウマノスズクサ科)、クレマチス・アルマンディClematis armandi Franch.(キンポウゲ科)、ミツバアケビをさすことが多く、通草はカミヤツデTetrapanax papyrifera Koch(ウコギ科)の茎の髄をさすが、いずれも効用は同じである。[長沢元夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アケビの関連キーワードブレークポイントポイント活字ポイントガードGポイントSuicaポイントツイスト テクノポイントプリンスポイントカードボーナスポイントポイント方式ヒッティングポイント

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アケビの関連情報