コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キンギョモ

3件 の用語解説(キンギョモの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

キンギョモ

ホザキノフサモとも。アリノトウグサ科多年生の水草。日本全土および北半球の温帯〜暖帯に広く分布し,池や沼などの水中にはえる。茎は長さ1m以上になる。葉は糸状に細く裂け,4枚ずつ輪生する。
→関連項目フサモ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

キンギョモ【parrot’s‐feather】

細かく切れこんだ葉を輪生状につけるアリノトウグサ科の水草。別名ホザキノフサモ。一般にはマツモ科の水草マツモキンギョモと呼ぶことが多いが,これは完全な沈水性の水草で根がないので,根があり茎の上部が水面上に出て花序をつけるフサモ類とは,花がなくても区別できる。 多年生の水草で,茎は長さ1mに達する。葉は4枚が輪生し,羽状に細かく裂け,裂片は糸状。花は水上に延出した花序に輪状に多数つき,小型で,花序の下部には雌花が,上部には雄花がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キンギョモ
きんぎょも / 金魚藻

金魚鉢に入れる藻の俗称。アリノトウグサ科のホザキノフサモ、スイレン科ハゴロモモ、マツモ科のマツモを俗にキンギョモと称している。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のキンギョモの言及

【マツモ】より

…池や沼などの水中に生育するマツモ科の小型多年生水草で,世界中に広く分布し,茎の先の冬芽で越冬する(イラスト)。キンギョモとも呼ばれる。茎は20~80cmでまばらに分枝し,通常,根を持たない。…

【藻】より

…水中に生えている植物。もともと水生生活をする藻類だけでなく,陸上植物から水生に変わったアマモやキンギョモなどの顕花植物,サンショウモやミズニラなどのシダ植物,マリゴケなどのコケ植物も漠然とまとめて呼ぶ。【堀田 満】。…

※「キンギョモ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

キンギョモの関連キーワード切れ込み千切れる衝羽根草黄華鬘切れっ処細切れ浜艾紅灯台穂咲の総藻八潮躑躅

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone