コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンザンチク かんざんちく

1件 の用語解説(カンザンチクの意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カンザンチク
かんざんちく / 寒山竹
[学]Pleioblastus Hindsii (Munro) Nakai

イネ科のタケササ類。稈(かん)は高さ3~5メートル、直径1~3センチメートル。稈が多数集まり株立ちとなるものが多い。稈の上方の各節から3~5本ずつ枝が上向きに出て、さらに小枝状に密に分枝し箒(ほうき)状を呈する。葉は狭披針(きょうひしん)形で、長さ15~30センチメートル、幅1~2センチメートル、先は長くとがり、両面とも無毛、硬くて直立する。肩毛(けんもう)は平滑、葉舌(ようぜつ)は高く、3~4ミリメートル。名は、絵画の「寒山拾得(かんざんじっとく)」のなかの寒山が持つ箒にちなんだものである。中国南部の原産で、日本では南関東以西で栽培される。[鈴木貞雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のカンザンチクの言及

【メダケ(女竹)】より

…観賞用にも栽植され,京都御所の清涼殿前の漢竹はメダケである。 同じ属のカンザンチク(寒山竹)P.hindsii (Munro) Nakaiは,大きくなると,直径6cm,高さ10m。枝葉は稈の上方から上向きに出,ほうきを逆さまに立てたようにみえるので雲払箒竹(くもはらいほうきだけ)ともいう。…

※「カンザンチク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone