コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンザンチク かんざんちく

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カンザンチク
かんざんちく / 寒山竹
[学]Pleioblastus Hindsii (Munro) Nakai

イネ科のタケササ類。稈(かん)は高さ3~5メートル、直径1~3センチメートル。稈が多数集まり株立ちとなるものが多い。稈の上方の各節から3~5本ずつ枝が上向きに出て、さらに小枝状に密に分枝し箒(ほうき)状を呈する。葉は狭披針(きょうひしん)形で、長さ15~30センチメートル、幅1~2センチメートル、先は長くとがり、両面とも無毛、硬くて直立する。肩毛(けんもう)は平滑、葉舌(ようぜつ)は高く、3~4ミリメートル。名は、絵画の「寒山拾得(かんざんじっとく)」のなかの寒山が持つ箒にちなんだものである。中国南部の原産で、日本では南関東以西で栽培される。[鈴木貞雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のカンザンチクの言及

【メダケ(女竹)】より

…観賞用にも栽植され,京都御所の清涼殿前の漢竹はメダケである。 同じ属のカンザンチク(寒山竹)P.hindsii (Munro) Nakaiは,大きくなると,直径6cm,高さ10m。枝葉は稈の上方から上向きに出,ほうきを逆さまに立てたようにみえるので雲払箒竹(くもはらいほうきだけ)ともいう。…

※「カンザンチク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カンザンチクの関連キーワード大名竹・大明竹・台明竹タイミンチク悪石島大名竹大明竹

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android