コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タウフィーク・アルハキーム Tawfīq al‐Ḥakīm

1件 の用語解説(タウフィーク・アルハキームの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

タウフィーク・アルハキーム【Tawfīq al‐Ḥakīm】

1902‐1987
エジプト三大作家の一人。アレクサンドリアトルコ系の母とエジプト人の父の間に生まれる。初めカイロで法律を学び,フランスに留学するが,しだいに関心が芸術,特に文学に移る。帰国後数年,公務員生活を送るが,1930年ころから著作活動に全力を傾注し,初めは戯曲家として名をなす。エジプト国会図書館長,芸術科学院メンバーの要職を経て1976年アジアアフリカ作家会議のロータス賞を受けた。《洞窟の人々》《魂の回帰》(ともに1933),《田舎検事の日記》(1937),《オリエントからの小鳥》(1938。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のタウフィーク・アルハキームの言及

【アラブ文学】より

…ロマン派ではムハンマド・フサイン・ハイカルMuḥammad Ḥusayn Haykal(1888‐1956)が,アラブ文学史上初の小説《ザイナブ》を1913年に発表した。タウフィーク・アルハキーム,ターハー・フサインなども相次いで小説を発表した。写実派はシャルカーウィーal‐Sharqāwī(1920‐87)が《大地》を発表して先べんをつけ,ナギーブ・マフフーズやタイイブ・サーリフTayyib Sāliḥ(1928‐ )などが活躍している。…

※「タウフィーク・アルハキーム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

タウフィーク・アルハキームの関連キーワード朝鮮映画竹下登内閣正岡子規熱雲横山めぐみMAGUMIマンガ日本経済入門バブル経済横浜事件シェール

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone