タクディル・アリシャバナ(読み)たくでぃるありしゃばな(英語表記)St. Takdir Alisjahbana

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タクディル・アリシャバナ
たくでぃるありしゃばな
St. Takdir Alisjahbana
(1908―1994)

インドネシアの代表的文学者スマトラ島のタパヌリ出身。オランダ政庁の図書出版局編集長を経て、アミル・ハムザ、アルミン・パネらと近代文学運動をおこし、文芸雑誌『プジャンガ・バルPujangga Baruを1933年に創刊。同雑誌上で、インドネシアの文化を巡って文化論争が行われたが、アリシャバナは西欧合理主義を目ざした新しい文化を提唱した。日本占領時代はインドネシア語整備委員会の中心メンバーとなった。文学だけでなく、言語、文化、社会、哲学に関する論著が多数ある。私立ナショナル大学学長を務めるかたわら、バリ島にトーヤブンカ芸術センターを設立した。代表作に『火焔樹(かえんじゅ)Layar Terkembang(1936)、『戦争と愛』Kalah dan Menang(1978)などがある。[佐々木信子]
『木村操訳『火焔樹』(1978・学苑社) ▽後藤乾一監訳『戦争と愛』(1982・勁草書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

20世紀西洋人名事典の解説

タクディル・アリシャバナ
Takdir Alisjahbana


1908 -
インドネシアの文学者。
ナショナル大学学長。
タパヌリ(スマトラ島)出身。
インドネシアの代表的文学者であり、近代文学運動を起こした一人で、1933年に文芸雑誌「プジャンガ・バル」を創刊した。日本占領時代にはインドネシア語整備委員会の中心メンバーとして働いた。文学にとどまらず、文化、言語、社会、哲学に関する多数の論著がある。ナショナル大学学長を務める一方、バリ島にトーヤブンカ芸術センターを設立した。代表作に「火焔樹」(’36年)、「敗北と勝利」(’78年)。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android