タケミヤ画廊(読み)タケミヤがろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

1951年,神田駿河台下の洋画材店「竹見屋」が開設した画廊。企画を評論家瀧口修造に依頼し,「実験工房」や「ゼロ次元」のグループ,河原温,斎藤義重らが展覧会を行い,現代美術に多大な貢献をした。6年間に 201回の展覧会を行なった後,57年に閉廊。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

オーナー商法

物品や権利を消費者に販売すると同時にその物品・権利を事業者が預かり、生産・運用・レンタル・管理・保管などの利殖の高さをうたって資金を集める商法。見かけ上は購入者が物品・権利のオーナーとなるため、こうよ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android