タケミヤ画廊(読み)タケミヤがろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タケミヤ画廊
タケミヤがろう

1951年,神田駿河台下の洋画材店「竹見屋」が開設した画廊。企画を評論家瀧口修造に依頼し,「実験工房」や「ゼロ次元」のグループ,河原温,斎藤義重らが展覧会を行い,現代美術に多大な貢献をした。6年間に 201回の展覧会を行なった後,57年に閉廊。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

信用スコア

決済履歴や借り入れ情報などの個人データを分析し、各人の信用度を数値化したもの。スコアが高いほどローンの借り入れ、クレジットカードの利用、不動産契約、就職活動などで優遇される仕組みで、米国や中国では広く...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android