コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タチアノス Tatianos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タチアノス
Tatianos

[生]120頃.シリア
[没]173
シリア出身のキリスト教護教家。のち異端者となる。ギリシアで文学および哲学の教育を受けた。殉教者ユスチノスの弟子。哲学的概念とカテゴリーを用いて独自の神学を展開したが異教的詭弁とキリスト教の英知を鋭く区別し,ギリシア哲学およびその文化を攻撃した。ユスチノスの死後教会を捨ててウァレンチヌスグノーシス派と接しエンクラディス派教団を組織した。極端な厳格主義者でぶどう酒を飲むことも結婚も非難した。著書『ギリシア人への提言』 Logos pros Hellēnas (165頃) のほか,4福音書を合体編集した『ディアテッサロン』 Diatessaronが有名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

タチアノスの関連キーワードシリア文学ゾーデン

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android