コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タチバナモドキ Pyracantha angustifolia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タチバナモドキ
Pyracantha angustifolia

ピラカンサともいう。バラ科の常緑低木で,中国南西部の原産。日本では庭園や生垣に栽植される。一名ホソバノトキワサンザシ。根もとから多数分枝して茂り丸い樹冠をつくる。小枝の先はとげになり,若枝に褐色の毛を密生する。葉は長楕円形で革質,長さ 3cm内外で縁はほぼ全縁,わずかに内側に巻く。初夏,枝先に近い葉腋から短い散房花序を出し,数花ないし十数花をつける。花は径 5mmの白色または淡黄白色で,花弁は5枚,倒卵形で先端はときにへこむ。果実は平たい球形で直径 5mm,秋にみかん色になり冬までその色を保つ。同属の近縁種で南ヨーロッパ原産のトキワサンザシ P. coccineaは果実が鮮かな赤色で美しい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タチバナモドキ
たちばなもどき

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のタチバナモドキの言及

【ピラカンサ】より

…日本にはほとんどの種が導入されているが,多く栽植されるものに次のような種がある。タチバナモドキP.angustifolia (Fr.) Schneid.(英名narrowleaf firethorn)は,葉が線状長楕円形で全縁,若枝や葉裏に線毛がある。秋から冬につく果実はミカンに似た扁球形で,径8mmほど,橙色に熟す。…

※「タチバナモドキ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

タチバナモドキの関連キーワードコトネアスター

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android