コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タビーニュ僧院 タビーニュそういん

世界の観光地名がわかる事典の解説

タビーニュそういん【タビーニュ僧院】

ミャンマー中央部、バガン(Bagan)の仏教遺跡群の中にある寺院。バガンで最も高い、高さ61mの堂を持つ。12世紀半ばにアラウンシートゥー王によって建立された寺院で、アーナンダ寺院シュエジゴンパゴダとともに、バガン3大仏教建造物の一つに数えられている。この寺院から眺めるエーヤワディー川イラワジ川)の夕景は、この寺院の北にあるエーヤワディー川のほとりのブーパーヤーパゴダとともに有名である。また、この寺院には日本人戦没者の慰霊碑がある。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

タビーニュ僧院の関連キーワードブーパヤパゴダ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android