コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タブリエ タブリエtablier(仏)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タブリエ
tablier(仏)

前掛け,エプロンのこと。エプロンのような後ろ開きのオーバードレスをいう。 1850年代から 70年代まで流行し,その後もしばしばファッション線上に浮かび上がり,クラシックなイメージを出している。

タブリエ
tablier

アフリカのコイ族サン族の成人女性の外陰部にみられる特異な形態。小陰唇が極度に発達して陰裂の外に長く下垂しているところからこの名がつけられた。ただし日常は腟の中に押込んでいるという。その成因については,指で人為的に引伸ばすという説と遺伝的なものとする説とがある。俗に「ホッテントットの前垂」とも呼ばれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

タブリエ(〈フランス〉tablier)

エプロンのこと。元来は、ドレスやスカートの汚れを防ぐために着るものであるが、これが独立したウエアとして作られ用いられるようになったもの。タブリエドレス。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

タブリエ【tablier】

エプロン。前掛け。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

タブリエの関連キーワードラパルマ島アフリカ前掛け仕事着

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

タブリエの関連情報