タマアジサイ(球紫陽花)(読み)タマアジサイ(英語表記)Hydrangea involucrata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タマアジサイ(球紫陽花)
タマアジサイ
Hydrangea involucrata

ユキノシタ科の落葉小低木で,本州中北部および四国に分布し,山地の樹陰に生える。葉は対生し長さ 10~20cmの楕円形で薄く,表裏ともに粗毛があり,特に裏面にあらい毛が目立つ。夏に,枝先に散房花序をなして淡紫色の花をつける。花には両性花装飾花の2種類があり,花序の中央部に多数の両性花が,外周部に装飾花が並ぶ。装飾花の萼は花弁状で大きい。若い花序が数枚の総包で包まれて球形をなすのが特徴で和名もこれに基づく。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android