コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タマミジンコ Moina macrocopa

2件 の用語解説(タマミジンコの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

タマミジンコ【Moina macrocopa】

体および脚部を完全に包んでいる背甲が球状に膨れている小型のミジンコ。枝角目ミジンコ科の甲殻類。体は長さ0.7~1.4mmくらい,紅色を帯びていることが多い。世界に広く分布しており,日本では北海道を除く各地の水田,溝などに夏季に出現する。近縁種にホソタマミジンコM.rectirostrisが北日本の有機質に富む浅い陸水から,熱帯系のスカシタマミジンコM.dubiaが九州以南から知られている。【蒲生 重男】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タマミジンコ
たまみじんこ / 玉微塵子
[学]Moina macrocopa

節足動物門甲殻綱枝角(しかく)目ミジンコ科に属する水生動物。ほかのミジンコ類と同様に淡水魚の天然餌料(じりょう)として重要である。北海道からは知られていないが、ほかの地域の水田や池など浅い水域に出現し、世界各地に広く分布する。体長は雌が約1.5ミリメートルに達するが、雄は1ミリメートル以下。色は薄い紅色。球形に近く、雌の頭部が大きくて丸いが、雄ではかなり小さい。第1触角は可動の葉巻たばこ状で、前縁の中央部に1本の毛がある。第2触角は基節が太く、そこから内肢と外肢を生ずる。単為生殖と有性生殖を繰り返す世代交代をする。有性生殖の雌は楕円(だえん)形の掩卵殻(えんらんかく)を形成し、内部に2個の耐久卵を収める。[武田正倫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タマミジンコの関連キーワードトータルシステム御呼び背甲動体裸金閉曲面火山泥ポイキロフィティック組織ポイキロプレクトフィティック総体および皆無の原理

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone