背甲(読み)ハイコウ

大辞林 第三版の解説

せごう【背甲】

背。背中。

はいこう【背甲】

亀類の背中にある甲羅。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せ‐ごう ‥ガフ【背甲】

〘名〙 背なか。「背ごうの剥(は)げた」の形で用いる場合は、劫(こう)を経たの意をこめる。
※日本書紀兼倶抄(1481)「鹿はせこうに七星あり」

はい‐こう ‥カフ【背甲】

〘名〙 カメ類甲羅の背に当たる部分。骨質の板の上に角質の鱗がのったもので、それが数列並んでいる。〔生物学語彙(1884)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の背甲の言及

【甲】より

…甲殻または頭胸甲とも呼ぶが,口語では甲羅がわかりやすい。また,とくに背甲と呼んで,胸部や体側を覆う外皮と区別することもある。機能的には頭胸部を外部から保護するためのもので,典型的な外骨格である。…

※「背甲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android