コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タルン県 タルンTarn

翻訳|Tarn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タルン〔県〕
タルン
Tarn

フランス南部,ミディピレネー地域 (レジオン) の県。ラングドック地方,マシフサントラル (中央山地) 南西部にある。県都アルビ。東部は平均標高 600mの高原でおもに牧畜が行われ,ガロンヌ川諸支流の谷とアキテーヌ盆地に続く西部の低地は肥沃で,コムギ,トウモロコシ,果樹 (ブドウなど) の栽培が盛ん。少量の石炭,鉛,亜鉛が採掘され,タルン川の水力発電を利用して,アルビなどには工業が立地する。南部ローラゲ地方は,アキテーヌ盆地と地中海岸とを結ぶ交通路として知られ,カストルなど古くからの商業都市がある。南フランスのゴシック建築を代表するといわれる聖セシル大聖堂 (アルビ) ,トゥールーズ=ロートレック美術館 (アルビ) ,ゴヤ美術館 (カストル) などがあり,観光客も多い。面積 5758km2。人口 34万 2723 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

タルン県の関連キーワードゲラン(Maurice de Guérin)ゲラン(Eugénie de Guérin)コンブ(Emile Combes)カストル(フランス)エミール コンブジーン ジョレスジョレス

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android