コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タンポナーデ たんぽなーで

1件 の用語解説(タンポナーデの意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

たんぽなーで【タンポナーデ】

タンポン」というと女性の生理用品として聞き慣れていますが、医学上は、止血などの圧迫を目的として人の体腔(たいくう)に差し込む綿、湿布(しっぷ)などのことをタンポンと呼んでいます。また、タンポナーデというのは「タンポンをする」ことをさすことばです。
 心臓とそれを包む心膜(しんまく)の間にある心膜腔(しんまくくう)になんらかの原因で液体がたまると、ちょうど心臓のまわりに詰め物(タンポン)をされたようになり、心臓の動きがさまたげられます。そのことから、心タンポナーデと名づけられました。
 心臓が外から圧迫される状態になるため、心臓が十分に広がらず、壊れたポンプのようになってしまい、血液を全身に送ることができなくなるわけです。
 原因としては、悪性腫瘍(あくせいしゅよう)の心膜への転移がもっとも多く、ついで炎症、心筋梗塞(しんきんこうそく)、腎不全(じんふぜん)などがあげられます。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

タンポナーデの関連キーワードすっぽんぽんタンポンぽんぽん蒸気サニタリーボックススターポンポンチアポンポンキリアンポジション

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

タンポナーデの関連情報