コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タンポナーデ たんぽなーで

家庭医学館の解説

たんぽなーで【タンポナーデ】

タンポン」というと女性の生理用品として聞き慣れていますが、医学上は、止血などの圧迫を目的として人の体腔(たいくう)に差し込む綿、湿布(しっぷ)などのことをタンポンと呼んでいます。また、タンポナーデというのは「タンポンをする」ことをさすことばです。
 心臓とそれを包む心膜(しんまく)の間にある心膜腔(しんまくくう)になんらかの原因で液体がたまると、ちょうど心臓のまわりに詰め物(タンポン)をされたようになり、心臓の動きがさまたげられます。そのことから、心タンポナーデと名づけられました。
 心臓が外から圧迫される状態になるため、心臓が十分に広がらず、壊れたポンプのようになってしまい、血液を全身に送ることができなくなるわけです。
 原因としては、悪性腫瘍(あくせいしゅよう)の心膜への転移がもっとも多く、ついで炎症、心筋梗塞(しんきんこうそく)、腎不全(じんふぜん)などがあげられます。

出典 小学館家庭医学館について 情報

タンポナーデの関連キーワード解離性大動脈瘤(急性大動脈解離)慢性収縮性心膜炎心膜炎(心嚢炎)胸部大動脈瘤低血圧(症)トリアージ心臓外傷心膜炎肝損傷心不全損傷死心破裂血腫出血

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android