コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タンムズ Tammuz

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タンムズ
Tammuz

古代バビロニアの神。シュメール語でドゥムジ。毎年冬の間は冥界に降り,その間世界は不毛になるが,春には復活して上界に復帰し,地母神的大女神イシュタルと神婚し,その寵愛を受け,大地はまた生産力を取戻して植物でおおわれると考えられた。タンムズの再来を泣いて祈念する婦人たちの儀式があり,『エゼキエル書』から,その祭祀がパレスチナでも行われていたことが知られる。シュメール人は年間の特定の月を彼に捧げていたが,これは今日でも,タンムズの月としてユダヤ暦およびアラブ暦に残っている。セム人は彼を「アドン (主) 」と呼び,ギリシア神話のアドニスは,このタンムズがフェニキアを経由して取入れられたものである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

タンムズの関連キーワードイシュタルの冥界下降イナンナ地獄下り

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android