コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユダヤ暦 ユダヤれきJewish calendar

翻訳|Jewish calendar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ユダヤ暦
ユダヤれき
Jewish calendar

西前に用いられた古代ユダヤ暦は太陰太陽暦であって,その性格の一端を旧約聖書によってうかがいうるにすぎず,詳細は不明である。4世紀頃から採用された現在のユダヤ暦では,ユリウス暦の前 3761年 10月6日 11時 11.33分を暦元とし,この創世紀元の日に始る暦年を元年として数える。この暦法では,1朔望月を 29.530594日とする 19年7閏法を用い,創世紀元年数を 19で割った残りが0,3,6,8,11,14,17となる年を閏年とする。また1年の長さは,平年 (12ヵ月) では 353日,354日,355日,閏年 (13ヵ月) では 383日,384日,385日の6通りであって,月の大小は1年の日数によって違い,一定の規約に従ってこれを決める。閏年の場合には,6月 (アダル月) の次にベ・アダル月 (閏月) をおいた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ユダヤ‐れき【ユダヤ暦】

ユダヤ人が用いた太陰太陽暦の一種。日は夕方、月は新月の日に始まり、春分または秋分が年始で、平年は12か月、閏年は13か月で、閏月を第6月の次に置く。前3761年10月7日を創世紀元とする。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ユダヤれき【ユダヤ暦】

古代ユダヤで行われた太陰太陽暦の一種。月は新月の日に、年は秋分または春分の頃に始まる。紀元前3761年10月7日を創世紀元とする。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ユダヤ暦
ゆだやれき

ユダヤ民族の間で使用される一種の太陰太陽暦。今日のユダヤ暦は4世紀ころに制定されたもので、置閏(ちじゅん)法は19年間に7閏(うるう)月を置くものである。平年は12か月、閏年は29日の1か月を加えた13か月からなる。閏年は紀元前3761年10月7日(ユリウス暦)を起算点とする創世紀元年数を19で割って得る余りが0、3、6、8、11、14、17の年とする。平年は353日、354日、355日の3通り、閏年は383日、384日、385日の3通りの1年がある。このいずれの年になるかは、ユダヤの大祭日である過越(すぎこし)祭の日取りによって定まる。この祭はつねにユダヤ暦第8月のニサンの15日に行われるが、この日は月、水、金曜日にはあたらないようにする。そのため新年のティシュリ月1日は常に過越祭の日から163日後にくるように決める。1年は秋分のころの新月に、1日は夕方6時に始まる。閏月は第6月のアダルの次に置き、第2アダルとよぶ。第2、第3の月を除けば、いずれの年も各月の日数は一定で29日か30日である。[渡辺敏夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のユダヤ暦の言及

【ユダヤ教】より

…安息日は,金曜日の日没に始まり土曜日の日没に終わるが,神の恵みの業(わざ)を思い起こすため,すべての労働を休む神聖な日である。 ユダヤ暦は太陰暦で,太陽暦の9~10月に始まる秋年である。次のような祝祭日がある。…

※「ユダヤ暦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ユダヤ暦の関連キーワードシムハットトーラーイエス・キリストかりほ住いの祝いヨムアツマウートヨムキプールビクトル1世つぐないの日ホロコーストアニケツスタンムズ贖いの日十月戦争ユダヤ人ハヌカ祭過越の祭仮庵の祭プリム祭贖罪の日紀年法ハヌカ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ユダヤ暦の関連情報