コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ターナ島 ターナとうTana Island

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ターナ島
ターナとう
Tana Island

南太平洋南西部,バヌアツ南部の島。活火山がある。肥沃で,コプラ,コーヒーを輸出。面積 550km2。人口約1万 5000。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ターナ‐とう〔‐タウ〕【ターナ島】

Tana》⇒タンナ島

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ターナ島
たーなとう
Tana

南太平洋、メラネシア、バヌアツ(ニュー・ヘブリデス諸島)の火山島。タンナTanna島ともいう。長さ51キロメートル、幅19キロメートル、面積388平方キロメートル。人口2万4855(1998)。最高峰はメリンMerrin山(1043メートル)。島の最後の火山活動は1878年。標高183メートルのヤスールYasur山は活動中の火山で、南東部の中心集落ポート・レゾリューションPort Resolutionから4キロメートル、容易に山頂に到達でき、カルデラ地形をみることができる。火山性の肥沃(ひよく)な島で、ココナッツ、サトウキビのほか、50年前には綿も産していた。バヌアツの首都ビラ(ポート・ビラ)との定期航空便はレナケル飛行場に着く。[大島襄二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ターナ島の関連キーワードTana

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ターナ島の関連情報