ターナ島(読み)ターナとう(英語表記)Tana Island

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ターナ島
たーなとう
Tana

南太平洋、メラネシア、バヌアツ(ニュー・ヘブリデス諸島)の火山島。タンナTanna島ともいう。長さ51キロメートル、幅19キロメートル、面積388平方キロメートル。人口2万4855(1998)。最高峰はメリンMerrin山(1043メートル)。島の最後の火山活動は1878年。標高183メートルのヤスールYasur山は活動中の火山で、南東部の中心集落ポート・レゾリューションPort Resolutionから4キロメートル、容易に山頂に到達でき、カルデラ地形をみることができる。火山性の肥沃(ひよく)な島で、ココナッツ、サトウキビのほか、50年前には綿も産していた。バヌアツの首都ビラ(ポート・ビラ)との定期航空便はレナケル飛行場に着く。[大島襄二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android