コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ターミンジカ thamin deer

1件 の用語解説(ターミンジカの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ターミンジカ【thamin deer】

偶蹄目シカ科の哺乳類。前方に向かってのびる特異な第1枝の角をもつアジア産のシカ。エルドジカともいう。体色は暗褐色の地にわずかに斑点が認められ,雄のくびにはたてがみがある。体長180cm,肩高107~115cm,尾長20cm前後。アッサムインドシナミャンマー,タイ,海南(ハイナン)島などに分布し,かつては50頭を超える大きな群れがふつうに見られたが,狩猟のため,多くの地方で絶滅した。ふつう森林にすみ,昼の暑い時間を避けて,朝夕林縁部や草原に出て採食する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ターミンジカの関連キーワードオタリア偶蹄類花鹿麝香鹿豆鹿海驢ウエムル枝角オルカ入れ技

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone