ターミンジカ(英語表記)thamin deer

世界大百科事典 第2版の解説

ターミンジカ【thamin deer】

偶蹄目シカ科の哺乳類前方に向かってのびる特異な第1枝の角をもつアジア産のシカ。エルドジカともいう。体色は暗褐色の地にわずかに斑点が認められ,雄のくびにはたてがみがある。体長180cm,肩高107~115cm,尾長20cm前後。アッサム,インドシナ,ミャンマー,タイ,海南ハイナン)島などに分布し,かつては50頭を超える大きな群れがふつうに見られたが,狩猟のため,多くの地方で絶滅した。ふつう森林にすみ,昼の暑い時間を避けて,朝夕林縁部や草原に出て採食する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android