コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海南 かいなん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

海南
かいなん

徳島県南部,海陽町北・東部を占める旧町域。南東部は太平洋に面する。 1955年浅川村,川東村,川上村が合体して町制。 2006年海部町,宍喰町の2町と合体して海陽町となった。大部分が山間部にあり,平地は少ない。南に接する海部と商圏を二分する県南の中心地。中心地区はマキ囲いの残る大里と土佐浜街道 (→土佐街道 ) 沿いの四方原。東の浅川は天然の良港で,漁港として発達。 1000m級の山が連なる平井は美林地帯である。海岸には室戸阿南海岸国定公園に属する八坂八浜白砂青松の大里松原がある。平井の轟滝四国一の大滝で,中部山渓県立自然公園に属し,あばれ神輿の祭りで知られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

かいなん【海南】

和歌山県北西部、和歌浦湾の湾奥の黒江湾に臨む市。江戸時代から黒江塗の漆器と傘を生産。電力・化学・石油工業が立地。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

海南
かいなん

徳島県南部、海部(かいふ)郡にあった旧町名(海南町(ちょう))。現在は海陽(かいよう)町の北半分を占める地域。旧海南町は、1955年(昭和30)浅川、川東(かわひがし)、川上の3村が合併、町制施行して成立。2006年(平成18)海部、宍喰(ししくい)の2町と合併、海陽町となった。JR牟岐(むぎ)線、国道55号(土佐浜街道)が通じ、国道193号を分岐する。太平洋に臨み、大里(おおざと)海岸や八坂八浜(やさかやはま)は室戸阿南(むろとあなん)海岸国定公園の一部に含まれる。地域の大部分は山地で、杉の美林地帯をなし、轟(とどろき)ノ滝の景勝地がある。中心の大里地区は徳島藩時代には土佐押さえのための海部城(鞆(とも)城ともいう。海陽町鞆浦)の御鉄砲者が居住した地で、現在も槙(まき)囲いの家が迷路状に並ぶ。また大里に隣接する四方原(しほうはら)は江戸時代初期に開拓された新田集落であり、1998年には総合文化施設の阿波(あわ)海南文化村が開場した。地域の一部には両墓制が残る。八坂八浜には四国霊場別格4番札所鯖(さば)大師がある。[高木秀樹]
『『海南町史』(1966・海南町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

海南の関連キーワード和歌山県海南市下津町曽根田和歌山県海南市下津町小松原和歌山県海南市下津町百垣内和歌山県海南市下津町笠畑和歌山県海南市下津町鰈川和歌山県海南市下津町小原和歌山県海南市下津町大崎和歌山県海南市下津町大窪和歌山県海南市下津町沓掛和歌山県海南市下津町小畑和歌山県海南市下津町引尾和歌山県海南市下津町下津和歌山県海南市下津町塩津和歌山県海南市下津町青枝和歌山県海南市下津町丸田和歌山県海南市下津町小南和歌山県海南市下津町興和歌山県海南市下津町丁和歌山県海南市下津町方和歌山県海南市下津町中

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

海南の関連情報