たてがみ(英語表記)mane

翻訳|mane

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

たてがみ
たてがみ / 鬣
mane

哺乳(ほにゅう)類の頭や頸(くび)、ときに背筋(すじ)にある長い毛の束の俗称。ツチオオカミの頸筋と背筋、タテガミオオカミの頸筋と肩にある長毛のように、立てられるものがある。有蹄(ゆうてい)類その他の大形種でたてがみが発達することが多く、奇蹄類ではウマ、ロバ、シマウマの頸筋、偶蹄類ではキリン、ヌー、セーブルアンテロープ、タテガミカモシカなどの頸筋、イボイノシシの頸筋と背筋、食肉類ではライオンの雄の頭頂から肩にかけての部分、シマハイエナの頸筋と背筋、齧歯(げっし)類ではタテガミヤマアラシの頸筋などにみられるが、原始的な類にはみられない。ほとんど雌雄に関係なく生えるが、ライオン、アカシカのように雄の成獣にだけ生え、二次性徴として役だつものがある。ツチオオカミは、敵に出会うとたてがみを逆立て、体を大きくみせて威嚇の効果を高める。またタテガミネズミは、背筋の長い毛を立て、基部の白い部分を露出させてヤマアラシに擬態し、敵の攻撃を避けるといわれる。[今泉吉典]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

たてがみの関連情報