コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ターン・キー方式 ターン・キーほうしきturn key system

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ターン・キー方式
ターン・キーほうしき
turn key system

一括請負方式。プラント建設に当たり,用地の整備,建設,設備の据え付け,試運転までの一連の業務を一括して受注側が引き受ける方式。かぎを回すだけで操業できる状態で発注者が工業引き渡しを受けるところから,この名称が生まれた。発展途上国に対してはこの方式の輸出が多い。整地などの土木工事を含まないセミ・ターン・キー方式と,すべてを含むフル・ターン・キー方式とがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ターン・キー方式の関連キーワードプラント輸出原子力

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android