コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダイア day`a

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダイア
day`a

初期イスラム社会で私的所有の対象になった農業財産,特に私領地を意味する。複数形のディヤー diyā`で表記される場合が多い。またカティーア (カリフからの賜与地) と呼ばれることもあり,売買およびワクフ (宗教的寄進地) への移転が可能であった。 10世紀以降西アジアに軍事イクター制が成立すると,ダイアは軍人以外の人間が所有する私領地を意味するようになり,さらに私有地 milkの概念が明確になるにつれてダイアの用語は次第に用いられなくなった。アッバース朝時代の最大のダイア所有者はカリフであり,次いで皇子,アミール,官吏,商人などが大土地所有者階級を形成していた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ダイア

ダイヤグラムの略。 → ダイヤ
ダイヤモンドの略。 → ダイヤ

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のダイアの言及

【イクター】より

…前者の授与はすでに7世紀のムハンマド時代から行われ,歴史史料はこれを同じ分与地の意味でカティーアqaṭī‘aと呼ぶ。軍人に限らず,官僚や部族民に対してもそれぞれの功績に応じて小規模の荒蕪地や耕地が与えられ,より大規模な私有地であるダイアḍay‘aとともに大土地所有形成の基礎となった。ムクターは国家に対するウシュル税納入の義務を負っていたが,彼らはやがて免税特権を獲得して納税を免れるようになったから,9世紀以降の国家財政はしだいに困窮の度を加えていった。…

【イスラム】より

… ところで,征服地の土地と農民は,アラブ戦士には分配されないのが最初の原則であった。しかしウマイヤ朝(661‐750)の初めごろからカリフは一族や寵臣に対して私有地であるカティーアqaṭī‘aを授与するようになり,また荒蕪地の開墾や土地の囲込みによって,より大規模な私領地(ダイアḍay‘a)も次々と成立した。こうして8世紀から9世紀へかけて,カティーアやダイアを基礎に,軍人や官僚あるいは商人による大土地所有が著しく発達した。…

【地主】より

…【重松 伸司】
【中東】
 イスラム法においては,土地はすべて信徒共同体(ウンマ)のものとされ,農民はムスリム,非ムスリムの別なくハラージュ(地租)を国家に納めることを原則とし,耕地の私有は認められていなかった。しかし現実には,カリフやスルタンから授与される分与地(カティーアqaṭī‘a)や荒蕪地などの開発によって得られる私領地(ダイアḍay‘a)には,所有権(ミルク)が認められ,これらの土地では奴隷や小作人などを用いた経営が行われていた。この私有地所有の伝統を基礎にして18~19世紀以降,アラブ,イラン,トルコの各地域において,広く大土地所有と小作人を用いた経営とが見られるようになる。…

※「ダイア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ダイアの関連キーワードダイアトニック・コード[diatonic chords]フィンガリング[fingering]発信確認 Call Confirmダイアグラム[diagram]栃木県那須郡那須町高久乙コモンダイアログボックスペンローズダイアグラムデータ源泉/データ吸収ラミー ダイアログ2モードレスダイアログプログレスダイアログモードレスウインドーラミー ダイアログ1本屋さんのダイアナモーダルウインドーファインマングラフモーダルダイアロググループボックスシャングリラ会合ダイアナの靴の日

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ダイアの関連情報