ダイナブック構想(読み)だいなぶっくこうそう

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ダイナブック構想

1970年代に米国の科学者Alan Curtis Kay氏が提唱した、理想的なパーソナルコンピューターコンセプトのこと。片手サイズでGUI環境をそなえ、低価格で子供にも扱えるなどのさまざまな条件があげられている。1988年に東芝が発売したノートパソコンDynaBook」の名称はこの構想に由来する。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android