ダイナミックフォト(読み)たいなみつくふおと,だいなみっくふぉと

カメラマン写真用語辞典の解説

ダイナミックフォト

 平成21 (2009) 年1月に発表されたカシオのデジタルコンパクトカメラ EXILIM (EX-Z400、EX-Z270、EX-S12) から搭載がはじまった新機能。連写した画像から動いている被写体だけを複数枚切り抜いて、背景として選んだお好みの静止画の上にそれを合成することで、擬似的に実際には写せない動画の世界を再現できるというアイデア機能。作成手順としては、動く被写体は最大20枚の連写で撮影する。そのあと、被写体抜きでその背景のみを撮影する。こうしてカメラが被写体だけを切り抜くことができる。切り抜いた被写体を、好みの画像の上に合成して完了だ。  完成したダイナミックフォトは、20枚の連写画像の状態でカメラに保存される。カメラで再生して楽しめるほか、EXILIM とテレビをAVケーブルで接続して鑑賞することもできる。ダイナミックフォトをパソコンやデジタルフォトフレームで鑑賞したり、友だちに見せたいときは、Dynamic Studio (ダイナミックスタジオ) という名称のカシオが運営するオンラインデータ変換サービスにアップロードして、本当の動画に変換する。変換できるのは、MPEG4MPEG1、MOV、FLV (フラッシュのもと) 、GIF (アニメーションGIF)、そして携帯電話で再生できる3GPP、3GPP2

出典 カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android