ダイヤモンド首飾り事件(読み)ダイヤモンドくびかざりじけん(英語表記)L'affaire du collier

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダイヤモンド首飾り事件
ダイヤモンドくびかざりじけん
L'affaire du collier

フランス革命の前夜,王国の赤字財政が深刻化しているなかで起った詐欺事件。ロアン枢機卿は,ルイ 16世の王妃マリ・アントアネット厚情を得るため,王妃がかねてから所望していた 160万リーブルという巨額の値打ちのダイヤモンド首飾りを購入し,両者の仲介人であるラ・モット伯夫人に渡したが,夫人はそれをロンドンで売却し,それが発覚して宮廷のスキャンダル事件となった。王妃は潔白であったにもかかわらず,財政の危機と相まって彼女の贅沢な趣味と私生活の乱れが世間の非難の的となり,ひいては王権に対する貴族の反抗を促進することになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android