コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダイヤモンド首飾り事件 ダイヤモンドくびかざりじけん L'affaire du collier

1件 の用語解説(ダイヤモンド首飾り事件の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダイヤモンド首飾り事件
ダイヤモンドくびかざりじけん
L'affaire du collier

フランス革命の前夜,王国の赤字財政が深刻化しているなかで起った詐欺事件。ロアン枢機卿は,ルイ 16世の王妃マリ・アントアネットの厚情を得るため,王妃がかねてから所望していた 160万リーブルという巨額の値打ちダイヤモンド首飾りを購入し,両者の仲介人であるラ・モット伯夫人に渡したが,夫人はそれをロンドンで売却し,それが発覚して宮廷のスキャンダル事件となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ダイヤモンド首飾り事件の関連キーワードオーラールバタビアマリーアントワネットフランス大革命《1789年――フランス革命序論》フランス革命議会《フランス革命史》(カーライル)《フランス革命史》(ティエール)《フランス革命の省察》《フランス革命の政治史》

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone