コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダイレクト・レスポンス・アドバタイジング direct response advertising

1件 の用語解説(ダイレクト・レスポンス・アドバタイジングの意味・用語解説を検索)

DBM用語辞典の解説

ダイレクト・レスポンス・アドバタイジング【direct response advertising】

新聞、雑誌、テレビなど広告媒体を通して、直接最終消費者に製品やサービスを販売するマーケティング手法。電話(フリーダイヤルが多い)や返信はがきを広告に掲載し、直接問い合わせや注文を受ける。広告が製品と消費者との唯一の接点になっており、消費者がその広告やコマーシャルに対して行動できる唯一の方法は、掲載されたハガキに記入して返送するか、電話をする。ダイレクト・レスポンス・アドバタイジングは、購入プロセスにおける中間層を削除する方向にある。

出典|(株)ジェリコ・コンサルティング
Copyright (C) 2010 by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ダイレクト・レスポンス・アドバタイジングの関連キーワードサーキュレーション媒体メディア場所媒体媒体クラスブランド広告マス・メディア広告媒体メディアポリシーポジション媒体

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone