コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダイレクト・レスポンス・アドバタイジング direct response advertising

DBM用語辞典の解説

ダイレクト・レスポンス・アドバタイジング【direct response advertising】

新聞、雑誌、テレビなど広告媒体を通して、直接最終消費者製品やサービスを販売するマーケティング手法。電話(フリーダイヤルが多い)や返信はがきを広告に掲載し、直接問い合わせや注文を受ける。広告が製品と消費者との唯一の接点になっており、消費者がその広告やコマーシャルに対して行動できる唯一の方法は、掲載されたハガキに記入して返送するか、電話をする。ダイレクト・レスポンス・アドバタイジングは、購入プロセスにおける中間層を削除する方向にある。

出典 (株)ジェリコ・コンサルティングDBM用語辞典について 情報

ダイレクト・レスポンス・アドバタイジングの関連キーワードハイブリット・マーケティング

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android