コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダウラトシャー ダウラトシャー Daulatshāh, `Alā al-Daulah Bakhtīshāh

2件 の用語解説(ダウラトシャーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダウラトシャー
ダウラトシャー
Daulatshāh, `Alā al-Daulah Bakhtīshāh

[生]? サマルカンド
[没]1494?
ペルシアの伝記作家。ヘラートにおいてチムール朝スルタンフサイン・バイカラに仕え,50歳頃執筆を始めた。 1487年に完成した『詩人伝』 Tadhkirat al-shu`arāはペルシア古典詩人約 150人を取上げ,重要な詩人伝,名詩選集として名高く,興味深い逸話が多く収められているが,歴史的な誤りも多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ダウラトシャー
だうらとしゃー
Daulatshh Samarqand
(?―1494)

ペルシアの伝記作家。サマルカンドに生まれる。ヘラートでティームール朝のスルタン、フサイン・バイカラーの知遇を受けた。1487年執筆の『詩人伝』はペルシア古典文学時代の集大成として知られ、約150人の代表的詩人の伝記と作品が紹介されている。記述の真偽にはとかくの批判もあるが、有益な詩人伝として、ペルシア文学史の貴重な資料である。[黒柳恒男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ダウラトシャーの関連キーワードグルカンバーブル撒馬児干ノルマルマルカ虫が納まるСамаркандскийマルカン百貨店サマルカンドの赤いばらサマルカンド紙

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone