コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダウラトシャー Daulatshāh, `Alā al-Daulah Bakhtīshāh

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダウラトシャー
Daulatshāh, `Alā al-Daulah Bakhtīshāh

[生]? サマルカンド
[没]1494?
ペルシアの伝記作家。ヘラートにおいてチムール朝のスルタン,フサイン・バイカラに仕え,50歳頃執筆を始めた。 1487年に完成した『詩人伝』 Tadhkirat al-shu`arāはペルシア古典詩人約 150人を取上げ,重要な詩人伝,名詩選集として名高く,興味深い逸話が多く収められているが,歴史的な誤りも多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ダウラトシャー
だうらとしゃー
Daulatshh Samarqand
(?―1494)

ペルシアの伝記作家。サマルカンドに生まれる。ヘラートでティームール朝のスルタン、フサイン・バイカラーの知遇を受けた。1487年執筆の『詩人伝』はペルシア古典文学時代の集大成として知られ、約150人の代表的詩人の伝記と作品が紹介されている。記述の真偽にはとかくの批判もあるが、有益な詩人伝として、ペルシア文学史の貴重な資料である。[黒柳恒男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ダウラトシャーの関連キーワードペルシア

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android