ダニエル オートゥイユ(英語表記)Daniel Auteuil

現代外国人名録2016「ダニエル オートゥイユ」の解説

ダニエル オートゥイユ
Daniel Auteuil

職業・肩書
俳優

国籍
フランス

生年月日
1950年10月24日

出生地
アルジェリア

受賞
ジェラール・フィリップ賞〔1977年〕「脱帽」,セザール賞(主演男優賞)〔1985年〕「愛と宿命の泉」,フェリックス賞(主演男優賞)〔1992年〕「愛を弾く女」,カンヌ国際映画祭男優賞(第49回)〔1996年〕「八日目」

経歴
オペラ歌手の両親のもとにアルジェリアで生まれ、両親の故郷フランス・アビニョンで育つ。アビニョン祭でチェーホフ劇を演じ、17歳の時オペレッタ歌手としてデビュー。1970年パリに出て、フランソワ・フロランの演劇学校に学び、国立民衆劇場(TNP)で舞台に立つ。’72年から2年間米国のミュージカル「ゴスペル」に出演。’77年「脱帽」でジェラール・フィリップ賞を受賞。映画は「ヘルバスター」(’74年)でデビュー。コメディ映画「ザ・カンニング=IQ0」(’80年)で売り出し、「愛と宿命の泉」(’85年)でセザール賞主演男優賞を受賞。カトリーヌ・ドヌーヴとの共演作「私の好きな季節」(’92年)や歴史大作「王妃マルゴ」(’93年)などフランス映画の話題作に出演し、名実ともにフランス映画界を代表する実力派スターとなる。’96年「八日目」で共演のパスカル・デュケンヌとともにカンヌ国際映画祭男優賞を受賞。他の出演作品に「優しく愛して」(’85年)、「僕と一緒に幾日か」(’87年)、「ロミュアルドとジュリエット」(’89年)、「夜の子供たち」(’96年)、「橋の上の娘」(’98年)、「メルシィ!人生」(2000年)、「ぼくの大切なともだち」(2006年)、「画家と庭師とカンパーニュ」(2007年)などがある。「泉のマノン」(1985年)や「愛を弾く女」(’92年)で共演したエマニュエル・ベアールと1男をもうけるが、のち破局。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android