コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダブリン大学トリニティカレッジ ダブリンだいがくトリニティカレッジ

1件 の用語解説(ダブリン大学トリニティカレッジの意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ダブリンだいがくトリニティカレッジ【ダブリン大学トリニティカレッジ】

アイルランドの首都ダブリン(Dublin)市街の中心部にある、同国最古の大学。◇正式名称を「ダブリンにおけるエリザベス女王の神聖にして分割されざる三位一体大学」(The College of the Holy and Undivided Trinity of Queen Elizabeth near Dublin)ということから、「トリニティカレッジ」と略称される。現在は、ダブリン大学に属するカレッジの一つになっている。このカレッジは1592年にイギリスエリザベス1世(1533~1603年)によって創設された。8世紀から9世紀初頭の新約聖書装飾写本ケルズの書」や、ダロウの書アーマーの書など国宝級の遺物や20万冊以上の古書を収蔵する、世界的に知られる図書館がある。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ダブリン大学トリニティカレッジの関連キーワードアイルランドダブリン愛蘭グラフトンストリートサンディコーブダブリン城ダンレアリーフォーコーツマラハイド

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ダブリン大学トリニティカレッジの関連情報