コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アーマー アーマー Armagh

翻訳|Armagh

5件 の用語解説(アーマーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アーマー
アーマー
Armagh

イギリス北アイルランド南部の都市,および地区(district council area)。地区の行政府所在地アイルランド語では Ard Mhacha。旧アーマー県の一部。アーマー県はアイルランド独立に際してイギリス統治下にとどまったアルスター 6県の一つ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

アーマー
アーマー
Armagh

イギリス北アイルランド南部の旧県名。アイルランド独立に際してイギリス統治下にとどまったアルスター 6県の一つ。1973年アーマー地区と,クレイガボンニューリー・モーンの各地区の一部に分割された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

アーマー(Armagh)

英国、北アイルランド東部、アーマー州の町。同州の州都。聖パトリックケルト人キリスト教を布教するための拠点として5世紀半ばに教会を創設。これが現在の聖パトリック大聖堂アイルランド国教会)になった。西郊にナバンフォートという、ケルト人が築いた古代遺跡がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

アーマー【Armagh】

イギリス,北アイルランド南部の同名県の県都。人口5万6700(1987)。聖パトリックが5世紀にこの地を宗教の中心都市と定めて以来,アイルランドの聖地とされた。地名は〈崇高なところ〉という意味のアイルランド語に由来するといわれる。カトリックプロテスタント双方の大司教(監督)座が置かれている。9世紀にたびたびデーン人の襲撃をうけ,中世には衰退したが,17~18世紀に王立の学校,図書館天文台が建設されて復興した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

アーマー【armor】

甲冑かつちゆう。よろいかぶと。また、軍艦・戦車などの装甲。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アーマーの関連キーワードアイルランドイギリス北アイルランド北アイルランド紛争グレートブリテン及び北アイルランド連合王国アイルランド[島]カースルレーリメリックグレート・ブリテン・アンド・アイルランド連合王国イギリス・アイルランド条約

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アーマーの関連情報