コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アカザエビ アカザエビ Metanephrops japonicus

2件 の用語解説(アカザエビの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アカザエビ
アカザエビ
Metanephrops japonicus

軟甲綱十脚目アカザエビ科。体長 20~25cmに達する大型種。鋏は 3対あるが,第1脚が著しく長く,大型個体ではほぼ体長に等しい。そのため,多産する駿河湾などではテナガエビと呼ぶ。体は一様に黄赤色で,鋏脚の先端部のみが白い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アカザエビ
あかざえび / 藜海老
[学]Nephropus japonicus

節足動物門甲殻綱十脚(じっきゃく)目アカザエビ科に属する食用エビ。日本特産で、房総半島沖から日向灘(ひゅうがなだ)にかけて分布する。水深200~400メートルに多く、機船底引網で漁獲される。体長25センチメートルに達する大形種。歩行型のエビで体形がシャコを思わせるため、多産する駿河(するが)湾沿岸ではシャコエビとよぶ。額角(がっかく)は強大で、上縁に2対、下縁に1対、頭胸甲の背面の稜(りょう)に5対、その各側に5本の歯状突起がある。第2~第5腹節の背面には複雑な浮彫り模様がある。前3対の胸脚にはさみをもつが、第1胸脚が長大である。近縁種のミナミアカザエビN. thomsoniは腹部の背面が滑らかで、東シナ海や黄海に多産する。両種とも肉が美味で、商品価値が高い。ヨーロッパに広く分布するヨーロッパアカザエビN. norvegicusもノルウェー・ロブスターNorway lobsterとよばれる重要種である。[武田正倫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アカザエビの関連キーワード軟甲類沼海老藜海老乙姫蝦車蝦桜蝦芝海老猩猩蝦牡丹海老アカザエビ(藜蝦)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アカザエビの関連情報