コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダムニェン

世界大百科事典 第2版の解説

ダムニェン

チベットを中心としその隣接地域ネパール,ブータン,シッキムおよび中国のチベット族の間で用いられるリュート属の撥弦楽器(イラスト)。正しくはダニェンsgra snyanと呼び,ダムニェンdram snyanは不正確な当て字である。中国では札木聶(チヤームーニエ)または六弦琴と呼ぶ。3コースの複弦(6弦)をもち,共鳴胴の腹面には動物の革(羊皮または蛇皮)を張る。細長い棹の頭部には通常,馬頭や竜頭の彫刻が施される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android