ダムニェン

世界大百科事典 第2版の解説

ダムニェン

チベットを中心としその隣接地域ネパール,ブータンシッキムおよび中国のチベット族の間で用いられるリュート属の撥弦楽器(イラスト)。正しくはダニェンsgra snyanと呼び,ダムニェンdram snyanは不正確な当て字である。中国では札木聶(チヤームーニエ)または六弦琴と呼ぶ。3コースの複弦(6弦)をもち,共鳴胴の腹面には動物の革(羊皮または蛇皮)を張る。細長い棹の頭部には通常,馬頭や竜頭の彫刻が施される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android