馬頭(読み)ばとう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

馬頭
ばとう

栃木県東部,那珂川町中・東部を占める旧町域。八溝山地の西斜面にある。 1891年町制。 1954年大内村,大山田村,武茂村の3村と合体。 2005年小川町と合体して那珂川町となった。中心地区の馬頭は那珂川左岸にあり,江戸時代タバコの集散地で問屋が多く集まり,繁栄した。農業は米作が中心で,ほかにタバコ,コンニャクイモの栽培などが行なわれる。北部の小砂 (こいさご) では,小砂焼と呼ばれる食器などを生産。国指定史跡の唐御所横穴や古刹の馬頭院などがある。一部は八溝県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

うまのかみ【馬頭】

馬寮めりようの長官。従五位上相当。左右一人ずついる。

めず【馬頭】

頭は馬、体は人の形をした地獄の鬼。 → 牛頭馬頭ごずめず

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

馬頭
ばとう

栃木県北東部、那須(なす)郡にあった旧町名(馬頭町(まち))。現在は那須郡那珂川(なかがわ)町の東部を占める地域。茨城県と境する八溝(やみぞ)山地の農山村。1891年(明治24)武茂(むも)村が馬頭村と改称して町制施行。1954年(昭和29)武茂(西武茂村が改称)、大山田、大内の3村と合併。2005年(平成17)小川(おがわ)町と合併して那珂川町となる。国道293号、461号が通じる。旧町域の中心は、那珂(なか)川の支流武茂川の段丘上に位置する馬頭で、鎌倉時代にその北方に宇都宮氏の武茂城が置かれて以来の中心町である。交通環境は悪く、工業化も遅れ、人口も停滞している。産業の中心は農業で、タバコ、コンニャクが盛んであったが、近年は減少した。かわって園芸農業と水稲作および低山での林業を組み合わせて行われ、さらに酪農、養豚も盛んである。伝統的な窯業として小砂(こいさご)焼が有名。[櫻井明久]
『『馬頭町郷土誌』(1968・馬頭町) ▽『馬頭町史』(1990・馬頭町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

馬頭の関連情報