コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三下り さんさがり

5件 の用語解説(三下りの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三下り
さんさがり

三味線の調弦名称。本調子の第3弦を長2度下げたもので,開放弦間の音程はいずれも完全4度になる。二上りの第1弦を長2度高くしたものは「高三下り」という。本調子,二上りとともに代表的な調弦で,長唄のメリヤス物や,藤植 (ふじえ) 流胡弓曲などは,ほとんどこの調弦による。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

さん‐さがり【三下り】

三味線の調弦法の一。本調子の第3弦を1全音(長2度)下げたもの。粋(いき)や艶(つや)を表し、長唄・小唄に多く用いる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

三下り【さんさがり】

三味線の基本的調弦の一つ。絶対音高は決められていないが,1の糸と2の糸,2の糸と3の糸の音程関係がいずれも完全4度である。→二上り

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さんさがり【三下り】

三味線の調弦法。本調子に調弦された三味線から,第3弦を1全音下げた調弦法。第3の弦が1下(さが)っている意。二上りの第1弦を1全音上げても作れる。三下りは艶(つや)とか粋(いき)とか軽快さといった気分をあらわすのに適している。唄物に多く使われる。本調子【竹内 道敬】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

さんさがり【三下り】

三味線の調弦法の一。本調子に比べて第三弦が一全音(長二度)だけ下がっている調弦。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三下りの関連情報