三下り(読み)さんさがり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三下り
さんさがり

三味線の調弦名称。本調子の第3弦を長2度下げたもので,開放弦間の音程はいずれも完全4度になる。二上りの第1弦を長2度高くしたものは「高三下り」という。本調子,二上りとともに代表的な調弦で,長唄メリヤス物や,藤植 (ふじえ) 流胡弓曲などは,ほとんどこの調弦による。地歌では,三味線本手や長歌物などがほとんど本調子であるのに対して,端歌物において初めて多用された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

さん‐さがり【三下り】

三味線の調弦法の一。本調子の第3弦を1全音(長2度)下げたもの。粋(いき)や(つや)を表し、長唄・小唄に多く用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

三下り【さんさがり】

三味線の基本的調弦の一つ。絶対音高は決められていないが,1の糸と2の糸,2の糸と3の糸の音程関係がいずれも完全4度である。→二上り

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さんさがり【三下り】

三味線の調弦法。本調子に調弦された三味線から,第3弦を1全音下げた調弦法。第3の弦が1下(さが)っている意。二上りの第1弦を1全音上げても作れる。三下りは艶(つや)とか粋(いき)とか軽快さといった気分をあらわすのに適している。唄物に多く使われる。本調子【竹内 道敬】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

さんさがり【三下り】

三味線の調弦法の一。本調子に比べて第三弦が一全音(長二度)だけ下がっている調弦。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android