ダモーダル炭田(読み)ダモーダルたんでん(英語表記)Dāmodar

世界大百科事典 第2版の解説

ダモーダルたんでん【ダモーダル炭田 Dāmodar】

インド,ビハール州の南部を東西に流れるダモーダル川流域にあるインド最大の炭田。夾炭層は二畳紀に介在し炭層は20枚以上。厚さは1.2m以上で総計すれば70m以上に達する。良質の粘結炭は主として上位の炭層から産出するが,普通は一般炭である。また火成岩の逬入(へいにゆう)による熱変成を受け天然コークスの部分もみられる。埋蔵量は100億t以上といわれる。【大橋 脩作】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android