コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二畳紀(読み)ニジョウキ

デジタル大辞泉の解説

にじょう‐き〔ニデフ‐〕【二畳紀】

地質時代の区分の一。古生代最後の紀で、石炭紀のあとの時代。2億8900万年前から2億4700万年前まで。両生類紡錘虫が繁栄し、裸子植物が発展しはじめた。南半球には広く氷河が発達した。名は地層が大きく二分されるのでいい、またウラル地方のペルミで模式的な地層がみられるところからペルム紀ともいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

にじょうき【二畳紀 Permian period】

ペルム紀ともいい,地質時代区分の一つ。古生代最後の紀で,両生類時代ともされ,今から2億8600万年前から2億4800万年前までの期間をさす。1841年R.I.マーチソンは,ロシアのウラル山脈西部のペルム地方によく発達する石灰岩,砂岩,泥灰岩,レキ岩などよりなる地層群をペルム系と名付けた。同時代の地層はドイツでは赤底統と苦灰統の2層になっていて,J.マルコウ(1859)以来ダイアスDyasと呼ばれ,二畳系はこの訳語である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

にじょうき【二畳紀】

地質時代の古生代のうち、最後の紀。現在から約二億八九〇〇万年前から二億四七〇〇万年前までの期間。フズリナ類・頭足類・サンゴ類などが栄え、また世界的に造山運動が起こった。ペルム紀。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報