コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダンスタン ダンスタンDunstan

2件 の用語解説(ダンスタンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダンスタン
ダンスタン
Dunstan

[生]924頃.グランストンベリー近郊
[没]988.5.19. カンタベリー
イギリスアングロ・サクソン時代の聖職者。聖人。貴族の生れで,アゼルスタン王に仕えたが,魔法を行なったかどで追放され,修道士となった。次のエドマンド王によりグランストンベリー修道院長に任じられ,エドレッド王のもとでは宮廷の要職を占めたが,エドウィ王が即位すると,再びフランドルに追放,さらにエドガー王により召換され (957) ,クリュニー修道院改革をイギリスに導入し,衰微の極に達していた修道生活の再興に努めるとともに学芸の振興にも功績があった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ダンスタン
だんすたん
Dunstan
(925ころ―988)

イングランドの聖職者。グラストンベリー近くの貴族の出。修道院学校に学ぶ。カンタベリーに移る伯父エセルムに同行し、のち国王エセルスタンの宮廷に仕えた。936年修道士となり、940年国王エドマンドは、彼をグラストンベリー修道院院長に任命し、財政的援助をした。彼はベネディクト会則を導入し、教会や修道院を建て、書物の収集に努めた。エドウィ王のときに国外に追放され、エドガー王によって召還されたのち、フルーリで学んだエセルウォルドの修道院、教会の改革を支援した。ウースター、ロンドンの司教を経てカンタベリー大司教(960)となり、国王と教会との協調関係を強化し、教会改革を国王の庇護(ひご)の下に行った。マムズベリー、バース、ウェストミンスター修道院を改革、カンタベリーに修道士を導入した。聖職者の独身制、信徒の大斎日(たいさいじつ)の厳守、正義の実現に努め、宮廷では座長役を務めた。教会の鐘を鋳造し、オルガンをつくった名声によって、金属細工師の守護の聖人となる。[朝倉文市]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ダンスタンの関連キーワードトミスラフ山口県の高齢者愛宕山開聞岳丹波高地空也世尊寺流大江維時勝田竹翁貞保親王

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ダンスタンの関連情報