コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダートムア台地 ダートムアだいちDartmoor

翻訳|Dartmoor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダートムア台地
ダートムアだいち
Dartmoor

イギリスイングランド南西部,デボン県の南部にある台地。南北約 37km,東西約 32kmにわたる花崗岩の台地で,ヒース地帯や湿地帯が広がる荒涼とした景観を示す。平均標高約 500mであるが,ところどころにトア torと呼ばれる岩峰がそびえ,北西部にあるイェストアは標高 619mに達する。ダート川,ティーン川,エーボン川などの水源地で,これらの河水の多くは貯水池に蓄えられ,デボン県諸都市に上水として供給される。中世にはスズの採掘が盛んで,この地方の重要な輸出品となっていた。今日ではカオリン,花崗岩などが切り出される。プリンスタウンのほか小集落がいくつかある程度で,人口はきわめて少なく,おもにウマ,ウシ,ヒツジなどの放牧地として利用され,ダートムア・ポニーの原産地として知られる。1951年ダートムア国立公園(面積 945km2)に指定され,観光業も重要。その野趣豊かな自然景観は,アーサー・コナン・ドイルのミステリー小説『バスカビル家の犬』The Hound of the Baskervilles(1902)の舞台となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android