コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダードゥー派 ダードゥーはDādūpanthī

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダードゥー派
ダードゥーは
Dādūpanthī

ヒンドゥー教改革派の一派。派祖ダードゥー (1544~1603) はアーマダバードのバラモンの家に生れたが,生涯の大部分をラージプターナでおくった。彼はその教理を『バーニー』 Bāṇīと称する詩篇にまとめ,このなかには賛歌や宗教問題も扱われている。また彼には 42人の弟子があったが,それぞれダードゥー・ドバーラという礼拝所をつくった。そこでは『バーニー』の写本に香,華,灯燭が供えられ読誦,礼拝される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android