チアパス[州](読み)チアパス

百科事典マイペディア「チアパス[州]」の解説

チアパス[州]【チアパス】

メキシコ南東部,グアテマラと国境を接する州。州都はトゥストゥラ・グティエレス。インディオマヤ系)人口が多い地域。熱帯雨林気候地帯に属し,トウモロコシ,サトウキビ,タバコ,コーヒーを産する農業地帯だが,開発が進んでいない。1545年ラス・カサスが当地の司教に任ぜられ,平和的な改宗とインディオの権利擁護に努めた。高地の中心都市サン・クリストバル・デ・ラス・カサスが1892年まで州都だった。1860年代末に農民反乱があり,1994年1月,農民の武装集団〈サパティスタ国民解放戦線〉が蜂起した。マヤ文化の遺跡,パレンケ,ヤシュチラン,ボナンパクなどがある。7万3887km2,479万6580人(2010)。
→関連項目メキシコ(国)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のチアパス[州]の言及

【トゥストラ・グティエレス】より

…メキシコ南東部,チアパス州の州都。人口28万9626(1990)。…

※「チアパス[州]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android