コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チェコ演劇 チェコえんげき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チェコ演劇
チェコえんげき

チェコでは,13世紀に典礼劇,15世紀に世俗劇として,チェコ語による演劇が現れはじめたが,その後三十年戦争とハプスブルク家圧政のもとで発展を妨げられ,国民演劇の再生をみたのは 19世紀になってからである。 19世紀後半には,民族意識を強く反映したリアリズムの作品が現れ,また国立劇場も設立された。第1次世界大戦以後は,K.チャペック戯曲によって代表される。現在,写実的に生活を描いたものや民話の伝統を継ぐ作品が多いが,そのほか政治的風刺劇,人形劇児童劇も盛んである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チェコ演劇
ちぇこえんげき

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

チェコ演劇の関連キーワードオトマー クレイチャクレイチャティルチェコ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android