チェシン(英語表記)Cieszyn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チェシン
Cieszyn

ポーランド南部,シロンスキェ県の都市。チェコ語ではチェシーン Těšín,ドイツ語ではテシェーン Teschen。カトウィツェの南南西約 60km,チェコとの国境をなすオドラ川 (オーデル川 ) 支流のオルザ川に臨む。 12世紀に建設された砦が起源。 13世紀末からピアスト公国の首都。 1335年に公国はボヘミアの支配下に入り,1526年にはボヘミアとともにハプスブルク家の勢力下に入った。 1625年にピアスト家は断絶,公国はオーストリア王領に編入。 1918年のオーストリア=ハンガリー帝国の崩壊後は,チェシン周辺の地方約 2300km2はポーランドとチェコスロバキアとの係争地となり,1919年にはチェコ軍部隊がその大部分を占領。翌 1920年に成立した協定の結果,約半分の地域がチェコスロバキア領となったが,その際チェシンの市街はオルザ川によって両国に分割され,右岸の旧市街側はポーランド領,左岸の新市街側はチェコ領チェスキーチェシーン Český Těšínとなった。右岸はポーランドで最も美しい都市として知られ,民族衣装の収集の多い博物館,ポーランド最古の建物の一つ,円形ロマネスク様式の礼拝堂などがある。電機,繊維,食品加工などの工業が行なわれる。人口3万 6640 (2002) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android