コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チェスキークルムロフ城 チェスキークルムロフジョウ

2件 の用語解説(チェスキークルムロフ城の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

チェスキークルムロフ‐じょう〔‐ジヤウ〕【チェスキークルムロフ城】

Zámek Český Krumlov》チェコ南部の都市チェスキークルムロフにある城館。13世紀に領主ビートコフ家がブルタバ川に臨む崖の上に建造。14世紀にロジェンベルク家、17世紀にエゲンベルク家、18世紀にシュワルツェンベルク家の手に渡り増改築が繰り返された結果、ゴシックルネサンスバロック各様式が混在する大規模な複合建築になった。バロック様式の庭園、ボヘミア国王バーツラフ4世の牢獄として使われた地下室(現在は現代美術の展示室)などがある。1992年に、「チェスキークルムロフ歴史地区」として世界遺産文化遺産)に登録された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の観光地名がわかる事典の解説

チェスキークルムロフじょう【チェスキークルムロフ城】

チェコの南ボヘミア州の小都市チェスキークルムロフにある城。「世界一美しい町」といわれ、世界遺産に登録されたチェスキークルムロフ歴史地区のシンボル的存在といわれる。ボヘミア地方ではプラハ城に次ぐ大きな城で、13世紀に建造され、その後、新しい建物が付け加えられたためゴシック様式ルネサンス様式ミックスした、中央ヨーロッパ最大の複合建築物である。正面の塔のある建物は最も古い部分で「フラーデク」と呼ばれ、この塔から望む町の風景は絶景。仮面舞踏会の間やルネサンスバロック時代の部屋などを見学することもできる。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チェスキークルムロフ城の関連キーワードチェコチェコスロバキアパラツキーチェスキーシュテルンベルク城テルチ城トロヤ城フルボカー城ボヘミア盆地Český lesチェスキー-クルムロフ歴史地区

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

チェスキークルムロフ城の関連情報